コーイケルホンディエの遺伝性疾患について

コイケルの病気についてアンケートに答えてくださったオーナーさん方、

本当に有難うございました!

やっぱり、遺伝性疾患について知りたいっていうのが多かったので

Google先生と私の拙い英語力のコラボレーションによるコイケルの遺伝性疾患について

わかったことをお返ししたいと思います。


そして私、獣医さんつながりが多いので

もし、間違ってたらただしてください(土下座)

a0076980_12383621.jpg


まず、コイケルは第二次世界大戦でかなり数が減ってしまった犬種で

残った子達の主に10頭から品種の再確立をしました。

そのため、コイケルは遺伝性疾患を発症しやすいように見受けられます。


⑴遺伝性壊死性骨髄症(HNM.ENM)

 1993 Hereditary necrotising myelopathy in kooiker dog

⑵フォンビルブラント(vWD)

⑶多発性筋炎

2015 Polymyositis in the kooiker hondje

⑷てんかん


この4つの遺伝性疾患が最も発症しやすいといわれてるそうです。

因みにENMとvWDはゲノム研究がなされてるから特定遺伝子がわかってます。

つまり、「繁殖犬の検査してたら防げる病気」ってことですねうんうん。


コイケル可愛いし大好きだから繁殖させたい気持ちもすっごくすっごくわかるんですが

是非、負の遺伝子を残さない為にも検査してから繁殖して欲しいです。


そんなわけで、⑵⑷は他犬種でもでるのでGoogle先生に丸投げ。


まず目に触れることも多く心配されてる方も多いであろうENMから。

⑴ENMは遺伝性壊死性脊髄症;コイケル麻痺とも呼ばれる特有の病気。

と書かれているが、実際はアフガンハウンドのアフガン脊髄症やロットワイラーでも似たような遺伝性疾患がみられる。

因みにこの論文1993年と割と古め。

コイケル麻痺は1歳未満で殆ど発症。

今現在有効治療なし。


ここで質問に頂いたのが「ENMとミオパチーの関連性」なのですが

ミオパチーっていうのは筋肉側に問題があることを指し

ニューロパチーっていうのが神経側に問題があることを指します(調べた


人間でいうと、ミオパチーは筋ジストロフィー

ニューロパチーはALS

ついでに書くと、重症筋無力症は自己免疫性疾患

この辺、私も最初わかってなかった。。。


なので簡単に言うとENMというのは脊髄の白質の壊死が原因で麻痺が起こるので

ミオパチーではなくニューロパチーってことかな?

※先輩曰くニューロパチーは末梢神経障害を指し、脊髄の中枢神経障害が当てはまるかは不明

因みに人間だと、脊髄壊死って調べても脊髄梗塞しかでてこなくて

分類上一緒になるのかはわからない


で、日本のコイケルが若くして亡くなった時にENMでは!?っていうのがあったんだけど

コイケル麻痺は「1歳未満で発症する」っていうのがミソで

遺伝病っていうのは発症年齢が同時期であることも決め手の一つであって

発症年齢が違う時点でこの病気ではないってことになるそうです。


なのでENMの検査自体は大事だけど、日本での発症例ってあるのかは不明。


⑶多発性筋炎

参考文献)http://waterboundkooikers.com/kooikerhondje/health/

https://dspace.library.uu.nl/handle/1874/317200


多発性筋炎には2つのグループがあり、1つ目のグループは比較的幼くて

嚥下、摂食に問題が出る。

2つ目のグループは、若齢から中高年の犬で構成され筋骨格の問題がより多く

嚥下障害との組み合わせがある。


筋炎は一般に遺伝性であるか、感染、自己免疫性疾患、および毒素に起因。

重症筋無力症として誤診される可能性があり、確定診断には筋肉生検が必要。


近年、コイケルの集団においてよく見られる。


日本のコイケルの麻痺を伴う疾患で年齢と症状でいうと合うのはこれにあたるわけですね。。

イントロしか読めてないけど2015年の発表?でPolymyositis in the kookier hondje

という多発性筋炎についてとオランダの大学の研究指針があってそこでは


多発性筋炎は特定の犬種のみで診断され、コイケルもその犬種に入ること。

この病気の根底にある原因については殆どなにもわかっていなくて、

広範囲な治療により一時的な改善がみられる。

現在、多発性筋炎は過去の症例よりも頻繁に診断されるようである。

これを考慮に入れ、多発性筋炎や皮膚筋炎などの特定の炎症性ミオパシーが

特定、遺伝性であることから考えるとコイケルの多発性筋炎の場合でも同じことが言える可能性がある。

目標としては多発性筋炎の病状を詳しく記述し

またコイケルの遺伝性疾患であるか否かを決定することで

遺伝性疾患であった場合、病気の原因の遺伝子欠損があるコイケルの交配を防ぐ。


って書いてました

今ゲノム解析真っ最中って感じですかね~~~

ゲノム解析が終わらないことには、まだ獣医も治療法どころか診断も出せない

(多分この子はそうかな?レベル)

と思うので現在進行形で遺伝子が広まってるかもしれない?


うううう全文読みたいんだけど!!!!!!

つーかオランダ行かせてなにもできないけど(真顔









因みに、エビデンスがないのでなんとも~~~いえない~~~

という私の勝手な印象としては、自己免疫性疾患に絡んだの多くね?

っていうことです。

こっから素人意見。参考文献ナシ。エビデンスナシ。

レポートに書いたら減点部分✌️笑


肝数値が引っかかる子が多いっていうのは前から結構いるな~~

快斗も引っかかったことある

っていうくらいだったんですけど

アンケートで頂いた既往歴で気になったのは

甲状腺機能低下症

自己免疫性溶血性貧血

消化器系の症状が多いこと。


自己免疫性肝疾患って肝機能の数値引っかかるし、

甲状腺機能低下症とか潰瘍性大腸炎の合併おこすじゃん?

潰瘍性大腸炎ってタンパク漏出性胃腸症になるじゃん?

自己免疫性溶血性貧血とか自己免疫性ってまんまやん?

※自分メモ

因みに人でも多発性筋炎と原発性胆汁性肝硬変の併発の症例が珍しいけどあって

そこではプレだけじゃ肝機能改善がみられたのは2例のみで

プレとウルソで全例肝機能改善だったらしい。一応コントロール可能?

でもPMの予後として悪性腫瘍の合併がみられることもある。

2012 Polymyositis associated with autoimmune hepatitis,

primary biliary cirrhosis, and autoimmune thrombocytopenic purpura


遺伝病としては現れてないけど、コイケルっていう犬種自体が

他の犬種より自己免疫性疾患を患いやすいって言えないかなぁって。

ま!!!気になっても、そこからどうしたらいいのかわかんないんだけど!!!さ!!!

因みに自己免疫性疾患ってなんかよくわかってないことが多くて

(なんか人間で調べたら自己免疫性疾患の遺伝率2%って書いてた)

遺伝疾患っていっていいのかよく分からない・・・・。タスケテセンセー


でも、コイケルって小型犬の割に寿命がそんなに長くないっていう

バックグラウンドにこういうのがあったらちょっと納得できる気もしないでもなくない~

なので、これからコイケルがなりやすい病気や気をつけるとしたらその辺を気をつけてあげるといいのかも?

自分は勉強すべきは遺伝子工学と免疫学。。。ですかね笑

あとは目下海外の大学で研究中であるならそこにアプローチしたいけどな〜〜〜


っていう勝手な想像でした。


正直、翻訳以外はまだ勉強中の身なのでどこまで正確にお伝え出来てるのかわかりませんが

少しでもお役に立てると幸いです。



↓ランキング参加中☆ポチッと押してねにほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
↓ランキング参加中☆ポチッと押してねにほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ

[PR]
Commented by kuro_emon at 2017-03-10 01:59
ご無沙汰してます、くろ母です。(^^)
詳しいご報告、ありがとうございました。
ところで、アンケート回答数はどれくらいあったんでしょうね?
そこもちょっと知りたかった~笑

そしてコメントありがとうございました。
ロイスが元気なうちに、ぜひ会ってやってくださいね!
Commented by satousaki at 2017-03-10 19:32
🐾くろ母さん
ご無沙汰しております!
アンケート答えていただきまことにありがとうございましたm(__)m
ご回答いただいたのはまだ20人ほどです…!なのでまだまだ募集しております笑(ここで宣伝してもry
それでも割と傾向はつかめるあたり、結構思ってるより偏って病気が出てるのかもしれません(^^;;

ぜひお会いしたいです!❤️(≧∇≦)
by satousaki | 2017-02-23 12:40 | ◇真面目な話 | Comments(2)

元不登校児の獣医学生のsakuと拾い猫の雪乃と渚、コイケル快斗&伊吹とMダックスパピー&モカ、ハリネズミの胡桃の6頭飼い。毎日ののほほん獣医学生らいふを更新中


by saku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30