今まで良くやってこれたよなぁ^^;

今では何とかフリスビー犬らしくなったけど、ここまで長かったよなぁ。
と思います。
a0076980_1595542.jpg

                      【ネタが無いんですね】
オホホー、そんなこと言うなボケ。



最近『快斗君って最初からフリスビー出来たの~?』
と聞かれます。
ん~、逆ですね^^;
全く持って興味無いと言うか、咥えないし、はっきり言って
『何でやってくれないの~(泣)』とマジで泣いたことありました(笑)
今となっては笑い話ですが、そん時はホントに悩みました。
本を買って(ここら辺から素人の臭いがする・・・;)見よう見まねでしても
『興ー味ねぇー』と咥える事をしなくてブリーダーさんに
『フリスビーとか出来る血統の子紹介しましょうか?』
と言われた時に素直に紹介してもらえば良かったと何度後悔した事か^^;
そして
『大体、こういう本に載ってる子って出来る子だろ~!』
とちょっと八つ当たり(笑)ごめんなさい、ごめんなさいとか
『どうせ飼うなら、ボーダーにすれば良かった』
と今から考えれば凄く酷い事を思ってた時期もありました。

で、本を放棄(笑)。
『出来ないし、自分からしようと思ってる子で無いし』と思って。
で、よくよく見ると
『ハードタイプ(飲み込みが早い)子とソフトタイプ(時間がかかっても頭脳プレーが出来る)』
という子が居るという事が書いてありました。
(軟硬タイプも居ますが快斗は当てはまりませんでした)


一時停止。。。

って事は、快斗はソフトタイプって事?
もっとよく読むと
『このタイプの子はちょっと難しいと思って下さい』と・・・・
止めようかと悩みました、フリスビーを。
本に書いてある全てを試しても無理。
『あきらめた時は終わりの時』
でも、だからって何時出来るも分からない。そんな不安な事をずっと続け
ていかないといけないの?と。

だからこそ、全部最初からやり直しました。
本もどっかにしまいました。
全部自分で考えようともっと無謀な事をし始めました^^;

ピアノのイスとピアノの間にフリスビーを置いて(頭を間に入れることが出来なく、
快斗の目線よりやや高め)その中にエサを置きました。
つまり、引き摺り下ろさないとエサを食べれることが出来ないようにし、
『take!』と声をかけて引き摺り下ろす事を教え、遠くに置いて号令をかけ
もって来さす事を教え、ジャンプして捕るのは勝手にするようになりました。

が。
又ここで問題発生。
大分出来る様になったから、外でしようと思って庭に出てしようとしても
臭い嗅ぎでフリスビーはそっちのけ。
ここで一ヶ月ぐらい躓きました。
でも、突然我に返ったように出来るようになってそこからは私の投げ手で
足を引っ張っていますが、快斗の方が今ではカバーしてくれます。

去勢手術をした時は2週間という休みで少々スランプ気味になりました。

でも、今では『あの時諦めてなくてよかった』と身に沁みて思います。
あんなに嫌な飼い主だったのに、ずっとついて来てくれた快斗に感謝します。

きっと、今フリスビーが出来るのはあの時もがき苦しんだからだと思います。
いっつも、イヤになった時は犬の十戒の最後の文章を思い出します。



Remember - I love you.

そして......どうか忘れないで下さい 私が貴方を愛していることを
[PR]
Commented by Lotty Family at 2007-04-17 21:09 x
また、遊びに来ました~。今日のは感動の嵐じゃないですか?!こんな過程があったんですね!私も最初から、快斗くんフリスビーに興味あったのかと思ってました。なるほどね~、こんなストーリーがあったんですね。ジ~ン・・・
Commented by saku at 2007-04-17 21:56 x
>Lotty Familyさん
いらっしゃいです~♪
感動の嵐ですか!?私としては泣きじゃくったイヤ~な
思い出ですけどね(恥)^^;
ストーリって言うような大層な物ではないと思いますよぉ;
by satousaki | 2007-04-17 15:10 | ◆フリ大会・練習レポ | Comments(2)

元不登校児の獣医学生のsakuと拾い猫の雪乃と渚、コイケル快斗&伊吹とMダックスパピー&モカ、ハリネズミの胡桃の6頭飼い。毎日ののほほん獣医学生らいふを更新中


by saku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31